ダウントンアビー

NHKのセミナー「ダウントンアビーを熱く語ろう!」に行ってきました。
5月に始まった、イギリスの貴族社会を描いたドラマです。
もうすでにはまっている方もいらっしゃると思いますが、
私もその一人  016.gif   016.gif

来週日曜日から新シリーズが始まるのを前に開かれました。
青山の会場は100名ほどの大きなセミナールームがほぼ満席!
講師も数々のイギリス本を出されている小関由美さんをはじめ、
イギリス通の方ばかり。

内容は舞台となったダウントンアビーの建築様式、部屋のしつらえ、
登場人物の衣装、お茶会の場面等についてマニアックに語ってくれます。
その都度、そうそう、とうなづいたり、え~そうなんだと、感心したりと、
すっかり聞き入ってしまいました。

ちなみにアビー(ABBEY)とは教会の寺院とも訳されますが、
その地の領主の邸宅の名称にも使われます。
ダウントンアビーとはつまりダウントン城(または館)
とでも訳すとわかりやすいでしょうか。

つい私まで熱く語ってしまいました 012.gif
興味のない方すみません 。。。。

でも、ストーリー展開はともかく、壁紙、家具、照明などのインテリア、
ドレス、食器などなど興味は尽きません。
ぜひみなさんにもはまってもらっていつか「熱く語る会」を
開きたいですね。

この物語に登場しそうなコッツウォルズの邸宅(現在はホテルとして使用)
a0221484_21190504.jpg



こちらは今年のLondon [Fortnum & Mason」のクリスマスディスプレイ
写真撮影許可済みです。
a0221484_21184566.jpg


[PR]
by l-pomander | 2014-11-24 21:34 | diary